• ホーム
  • 高いプリリジーも個人輸入なら安い

高いプリリジーも個人輸入なら安い

2019年07月23日
けんかしているカップル

早漏に悩まされている男性にとっての救いとなる治療薬であるプリリジーは、その欠点として価格が高いという事が挙げられます。
プリリジーを病院で処方して貰う場合、健康保険を利用する事が出来ないために全額自己負担しなければならず、かなりの高額となります。
それに加えて診察代や交通費なども発生するとなると、かなりの出費を強いられてしまいます。
そこでプリリジーを購入したいのであれば個人輸入を利用するのがとてもお得になります。
まず、病院の様に診察代や交通費がかかる事は無く、代わりに送料がかかる事もありますが、送料無料で宅配してもらう事が出来る場合もありますし、病院と比べて余計な出費を抑える事が出来ます。
それだけでは無く、個人輸入でならばプリリジーのジェネリック医薬品を購入する事も出来、ジェネリックならば先発薬よりもかなり安い値段で購入する事が出来るようになっています。
安井には安いなりの理由がある事も多いので、中には安いとなると品質などに問題があるのではないかと考える人もいますが、ジェネリックの場合はきちんと安い理由があります。
先発薬の場合は膨大な研究・開発費が必要となりますが、ジェネリックの場合は既に有効成分が分かっているのでそれらの費用を大分抑える事が出来るようになっています。
医薬品の値段には、こうした研究・開発費が販売価格には含まれているのですが、そのコストを抑える事が出来るのでかなり安い値段でありながら効果は同じなのです。
個人輸入で購入する場合には偽物の心配があるので、信頼の出来る業者から購入すべきですが、それにさえ気をつければ安くて病院に行く時間も必要なく、メリットが色々とあって便利です。