• ホーム
  • 早漏で困る男性のためのプリリジーの使用と勃起不全

早漏で困る男性のためのプリリジーの使用と勃起不全

2020年01月01日

早漏でこまるという男性は医療機関を受診すると亀頭の表面を麻痺させる薬が処方されるのですが、この薬を塗るとセックスをした時に女性の唇などを麻痺させることがあるので、通常のセックスをするのが難しくなります。
男性ホルモンと麻酔成分を含んだ塗り薬もありますが、この薬は使用し過ぎると男性ホルモンによって様々な副作用が出ることがあります。
プリリジーは早漏にこまる男性のために服用することができますが、SSRIの薬なので、基本的には2週間以上服用しないと効果を実感しにくいというデメリットが有ります。
プリリジーのようなSSRIは早漏に悩んでこまる男性の不安な気持ちや緊張を軽減することができる薬で、この薬には射精を遅らせる作用があるので、勃起を維持するとともに早漏を改善することができるので、多くの医療機関で処方されています。
しかしプリリジーは基本的にはうつ病などに処方される薬なので、副作用に関する知識が必要なので個人輸入代行などで手に入れると、頭が痺れるなどの症状が出ることがあるので、プリリジーなどのSSRIの薬を手に入れたい場合には精神科などを受診する必要があります。
勃起不全は勃起が全くできないので、EDとは別の治療が必要とされていて、EDの場合は勃起することができて、それを維持することができない症状ですが、勃起不全は勃起ができないので、治療薬を服用しても効果が出ない場合もあります。
また勃起を改善する薬は性欲を高める作用はないので、性欲が全く無い勃起不全の場合は治療するのが難しいので、子供を望む場合には人工授精などの措置がとられることになります。
勃起不全は外傷によるものや病気によるものがありますが、これらの原因を取り除くことで勃起が可能になる場合もあります。